スポーツ選手のアキレス腱の怪我

アキレス腱

アキレス腱はふくらはぎの筋肉と、かかとの周辺の間に存在します。この部分の怪我として有名なのが、断裂です。言葉のとおり、アキレス腱が断裂することで機能が低下するのが特徴です。この怪我を負いやすいスポーツ選手はたくさんいます。スポーツの世界には足を使うものが圧倒的に多いからです。有名なところでは、サッカーやラグビー、テニスなどがあります。

野球も走るスポーツですので、多い傾向があります。意外にも、バレーボールやバスケットボールなどのスポーツ選手にも断裂の怪我が多く見られます。というのも、この症状は走る行動だけでなく、飛び跳ねる行動でも引き起こす危険が高いからです。バレーボールやバスケットボールはその場でジャンプをする機会が多いため、注意が必要です。

体操選手にもいえることです。断裂した瞬間に音がすることがよくありますが、そうならないこともあります。足首は動かせるものの、歩行が困難になるのが症状の特徴的な部分です。

足元

スポーツ選手の病気 パンチドランカー

パンチドランカー

スポーツ選手として長く活躍していると色々な病気が懸念されますが、中でも怖いのがボクサーのパンチドランカーです。強く頭を打つことの脳への健康被害は甚大で、ボクシングの脳に対する悪影響は計り知れないものがあります。昔からボクシングというスポーツは人気のある格闘技で、世界内に沢山のファンがいます。

ボクシングの魅力は、選手が覚悟を決めて取り組んでいるところですが、頭を殴り合うスポーツなので脳へのダメージが非常に大きいです。ボクサーは色々なスポーツがある中、もっともリスクが高いスポーツ選手と言っても過言ではなく、たくさんのパンチを頭に受けるとパンチドランカーになる恐れがあります。

ボクシングというスポーツ

脳は柔らかい豆腐のような臓器でできているので、頭部に強い衝撃を受けると簡単に傷ついてしまいます。相手の頭をめがけてパンチを繰り出すボクシングは、脳に多大なダメージを与えます。パンチドランカーになると日常生活で認知能力に極端な障害がみられるようになり、普通に生活するのにも支障をきたすようになります。

ボクサー

スポーツの内容と選手生命の長短の関係

プロスポーツは体に激しい負担をかけることから、一般的に選手生命は短いとされています。多くのスポーツ選手は子供の頃から競技に携わり、成人前にプロスポーツに転向するケースも珍しくありません。成長期から体に負担がかかる環境に居るため、青年期のころに選手生命が終わることもあります。その一方で激しいスポーツでも選手生命を長く維持する個人も存在します。選手生命が長い人は他の選手と比べ、体に余計な負担をかけていない共通点があります。競技の種類に関係無く、十分な休息を取って体を労わる人ほど選手生命が長いのが特徴です。

プロスポーツは競技で良い成績を得ることや対戦相手に勝つことが重視されるため、自身の体に強い負担をかける練習を行う傾向があります。過酷な練習は身体機能の向上が見込める反面、筋肉や骨へのダメージが蓄積しやすく、後年の故障に繋がりやすい欠点もあります。特に子供の頃から競技に勤しんでいる選手は若年層のうちに体を壊してしまうリスクが高くなります。選手生命は元からの体力や身体能力の高低ではなく、体に余計な負担をかけない効率的な練習と十分な休息が長短の決め手です。そのため、近年では選手ひとりひとりの体調や身体能力に見合った練習を行うのが一般的になっています。プロスポーツは観客を喜ばせるショー的な要素もあることから競技内容も派手なものになりやすい傾向がありますが、選手生命を保つためには不必要な動きは避け、体を労わることを第一に考えることが大切です。

Category